メイン画像

環境を整える

子供をフラワーアーティストとして、育てあげるには、周囲の環境の中で草花に触れる機会が多ければ多いほど経験値として望ましい環境であると考えられているようなのです。例えば、お花の師範を持つ家族が、周囲に多ければ多いほど、幼少期から、日常的に草花に触れる機会が増えるので、そのような日常生活の中で自然と身に付いた、生け花に関する所作は、フラワーアーティストになる為の最短ルートであるような記述をみつけました。
残念ながら、私の親戚関係には、生け花の師範をもつような家族は、見当たりません。
そうなると私が、生け花の師範を取得する事で、娘が日常生活の中で、フラワーアーティストとしての基盤を築く事が可能性へと繋がるかもしれません。
私は、さっそく、生け花スクールに入門し、師範の資格を取るべく生け花の勉強に勤しみました。生け花の師範を取得するべく、生け花スクールに通いはじめましたが、師範を取得することは、簡単な事ではなく、高レベルな師範の階級を目指す場合は、軽く10年以上は、歳月を必要とされる事もあるようなのです。
私の師範取得を待っていたら、娘の夢が途絶えてしまう可能性もあるので、娘にも小学生向けの生け花スクールに通ってもらい、既に師範の資格をもつ人々から直接指導を受ける事で情操教育を育んでいこうと考えました。
幼少期から、花々に触れる教育を行う事が、フラワーアーティストとしての、草花を扱う基盤のようなものが蓄積されていく要素を生み出すようで、娘のフラワーアーティストとしての将来が明るくなってきたのではないかと期待しています。

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、当サイトの制作者は責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

TOP